天空の城 竹田城跡 山城の壁紙写真 ▼ 施設データ・所在地・地図 ▼
− 兵庫県朝来市和田山町竹田字古城山 / 天空の城・但馬竹田城跡(虎臥城)・日本のマチュピチュ −
[ HOME但馬朝来市竹田城跡 ]
[ 前のページに戻る ] [ 関連ページ⇒城・城跡遺跡・史跡山・森 ]   竹田城周辺の宿泊

〔 竹田城 | パノラマ写真 | 竹田の町並み | 花菖蒲 〕
  

  
天空の城・竹田城 壁紙写真集
◆ 写真をクリックすれば別窓で壁紙写真を表示します (デスクトップ壁紙サイズ・XGA1024×768) ◆  デスクトップ壁紙の設定
立雲峡から見た竹田城と竹田の町並み
立雲峡から見た竹田城と竹田の町並み
立雲峡から見た竹田城
立雲峡から見た竹田城

竹田城は嘉吉年間(1431〜1443年)に、但馬の守護大名の山名持豊(山名宗全)が有力家臣の一人である太田垣に築かせた日本を代表する山城です。当初、竹田城は砦(小規模な要塞)に近く、現在のような壮大な石積みの城郭になったのは、慶長5年(1600年)の廃城時に近い時代と考えられています。

廃城から約400年を経ていますが、石垣がほぼ当時の状態で残っており、現存する山城として日本屈指の規模となります。

竹田城の石垣は、近江国(滋賀県)坂本を中心に発達した穴太流石積み技法(穴太積・あのうづみ)と言われる織田信長の安土城と同じ技術が使われています。

天守台を中央に、南千畳、北千畳、花屋敷が放射状に配され、その姿は、虎が臥せているようにも見えることから、別名「虎臥城」(とらふすじょう・こがじょう)とも呼ばれています。

また、竹田城は標高354mの古城山(虎臥山)の上にあり、冬の早朝には雲海に包まれた幻想的な風景を眺めることが出来ます。このため「天空の城」、「日本のマチュピチュ」とも言われています。黒澤明監督の影武者や、角川映画の天と地との映画のロケ地になったことでも知られています。

西側から見た竹田城跡
西側から見た竹田城跡
西側から見た竹田城跡
西側から見た竹田城跡
播但連絡道路・虎臥城大橋と竹田城
播但連絡道路・虎臥城大橋と竹田城
竹田城登山口
竹田城登山口
竹田城駐車場からの登山口
竹田城駐車場からの登山口
石垣だけが残された竹田城跡
石垣だけが残された竹田城跡
石垣だけが残された竹田城跡
石垣だけが残された竹田城跡
石垣だけが残された竹田城跡
石垣だけが残された竹田城跡
竹田城の石垣と朝来山・立雲峡
竹田城の石垣と朝来山・立雲峡
竹田城の石垣と城下町竹田の町並み
竹田城の石垣と城下町竹田の町並み
竹田城の石垣
竹田城の石垣
竹田城の石垣
竹田城の石垣
竹田城跡
竹田城跡
竹田城跡
竹田城跡
竹田城跡
竹田城跡
竹田城から眺めた風景・円山川と竹田の街並み
竹田城から眺めた風景・円山川と竹田の街並み
竹田城跡
竹田城跡
竹田城跡
竹田城跡
竹田城跡
竹田城跡
竹田城跡
竹田城跡
     
  

  
竹田城
 所在地 兵庫県朝来市和田山町竹田字古城山 (地図 周辺観光スポット・関連施設
立雲峡/但馬の吉野・但馬桜の名所
あさご芸術の森美術館
多々良木ダム・あさごエコパークと千本桜
黒川ダムと黒川温泉
インフィオラータあさご・チューリップの花絵
青倉神社と青倉山
愛宕神社松明祭り・竹田の火祭り
あさご納涼夏祭り花火大会
生野銀山・銀山の坑道
金香瀬坑・生野銀山の坑道
一円電車と生野銀山
生野銀山湖と生野ダム
生野イルミネーションロード
山東光プロジェクト・SANTO OKINAREYO
神子畑選鉱場と明延鉱山
ムーセ旧居・ムーセハウス写真館
神子畑鋳鉄橋・日本最古の鋳鉄橋
白井大町藤公園・藤棚と藤の花
さのう高原とホタル・さのう蛍まつり
 開 園 24時間・夜間照明なし
 休 み 無休
 入場料 高校生以上300円、冬シーズン無料、年間パスポートあり
 駐車場 無料
 アクセス 頂上付近の駐車場から徒歩で15分
JR播但線竹田駅から徒歩で1時間、下りは40分
※現在竹田城への車道は進入禁止になっています。車でのアクセスは山城の郷の駐車場を利用し、竹田城へは徒歩、バス、タクシーでのアクセスになります。
 公式HP   
日本100名城
竹田城は2006年、財団法人日本城郭協会の選定する日本100名城に選ばれました。

映画・ドラマのロケ地として使用された竹田城
天と地と (1989年)
暴れん坊将軍III (1989年)
魔界転生 (2003年)
あなたへ(2012年)
天地明察 (2012年)
忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段(2013年)
軍師官兵衛 (2014年)

天空の城「竹田城跡」観光に便利なアクセス 「天空バス」
播但線竹田駅に、特急「はまかぜ」の一部が臨時停車します。竹田駅からは、山城の郷、竹田城跡(中腹駐車場)を結ぶ周遊バス「天空バス」を1日8便運行します。期間は、平成25年4月27日(土曜日)から6月30日(日曜日)までの土曜日・日曜日・祝日の予定。
特急「はまかぜ」は大阪・三ノ宮・神戸〜豊岡・城崎〜香住・餘部・浜坂・鳥取を結ぶ定期特急列車です。

JR神戸線・三ノ宮駅からJR播但線・竹田駅までの所要時間
新快速、快速、普通を乗り継いだ場合の所要時間は約2時間30分。
特急「はまかぜ」を利用した場合の所要時間は約1時間45分。

天空バスで巡る恋結人(こゆびと)体験ツアー&竹田城跡で結婚式
天空バスで巡る恋結人(こゆびと)体験ツアーは、朝来市和田山町の国史跡「竹田城跡」を舞台に、ふもとの城下町と結んで観光客を運ぶ「天空の城」にちなんだ「天空バス」運行に合わせた企画で、カップルの絆を深めてもらうのが目的。

天空バスで巡る恋結人(こゆびと)体験ツアーでは、男女または家族で鼻緒の部分に願い事を書いた布草履を履いて、天空バスを利用して城跡に登ります。その後、JR播但線竹田駅近くにあるモニュメント「結木(ゆいぎ)」に布草履を結び付けるというものです。

また、竹田城跡で結婚式を取り行うカップルを全国から公募しています。2013年5月11日には千葉県のカップルの結婚式が竹田城跡で行われました。

竹田城 有料化
近年、新聞や雑誌などで幻想的な雲海の写真が紹介された影響もあって、2010年に約52,000人だった観光客が、2012年には240,000人にも増加しました。それに伴い、駐車場や登山道の警備費が増加、また、来場者が急増した影響で崩落する恐れが出てきた石垣の修復費用などに当てるために、2013年10月1日から朝来市は観覧料の徴収を始めました。料金は高校生以上300円(中学生以下は無料)で、冬シーズンは無料となります。


竹田城の雲海
◆ 発生時期   9月〜11月 (雲海は2月末頃まで発生するが、晩秋がベスト)
◆ 発生時間   夜明け頃から午前8時頃
◆ 発生条件  日本海に高気圧の中心があること、よく晴れていること、朝方と日中の気温の差が大きいこと
◆ 竹田城跡雲海スポット  竹田城周辺、立雲峡(竹田城跡正面)、藤和峠(竹田城跡裏側)
竹田城の雲海の写真

   竹田城周辺の宿泊


〔 竹田城 | パノラマ写真 | 竹田の町並み | 花菖蒲 〕

[ HOME但馬朝来市竹田城跡 ]
[ 前のページに戻る ] [ 関連ページ⇒城・城跡遺跡・史跡山・森 ]   竹田城周辺の宿泊
    
[ ▲ ページトップ ▲ ]