神戸ルミナリエ壁紙写真

2017年の日程は12月8日(金)~12月17日(日)で、期間は10日間。神戸ルミナリエの日程、時間、場所、アクセス、会場、ルートを詳しく解説します。フルHD 1920×1080ピクセルの高画質壁紙公開中! 神戸ルミナリエ組織委員会では、神戸ルミナリエの継続開催のために、募金を行っています。詳しくは神戸ルミナリエの公式WEBサイトをご覧ください。

  1. HOME
  2. 神戸ルミナリエ
  3. 神戸ルミナリエ壁紙写真

更新:

このページの目次

ルミナリエの写真、画像の利用は、デスクトップ壁紙など個人での利用に限定します。また、当WEBサイトで掲載している観光情報、イベント情報等の内容は変更になる場合があります。情報の正誤につきましてはご自身で確認、判断して頂けますようお願いいたします。

神戸ルミナリエ2017の日程・アクセス

神戸ルミナリエ2016壁紙写真

2017年5月9日、今年のルミナリエの日程が発表されましたが、詳細はまだ決定していません。決まり次第、随時更新します。

  • テーマ未定
  • 日程2017年12月8日(金)~12月17日(日) 10日間
  • 時間・月~木曜日 18:00頃~21:30
    ・金曜日 18:00頃 ~ 22:00
    ・土曜日 17:00頃 ~ 22:00
    ・日曜日 17:00頃 ~ 21:30
    ※点灯時間は混雑状況や天候により変わります。
  • 場所 兵庫県神戸市中央区 旧外国人居留地及び東遊園地
  • 地図神戸ルミナリエのアクセス・会場ルートマップ
  • 料金無料 ※神戸ルミナリエ募金にご協力をお願いします。
  • アクセスメイン会場へはJR、阪神、阪急各線三宮駅から南へ徒歩10分
    神戸市営地下鉄湾岸線三宮花時計前下車徒歩5分
    神戸ルミナリエ会場ルート入り口へはJR私鉄各線元町駅下車南へ徒歩5分
    神戸市営地下鉄湾岸線旧居留地大丸前駅下車徒歩2分
    神戸ルミナリエのアクセス、交通規制の詳細
  • 駐車場神戸、元町、三宮周辺の有料駐車場を利用。神戸ルミナリエ期間中、会場周辺は大変混雑し駐車場の確保と出入りが困難となります。また、通行規制のため時間帯によっては、入庫、出庫ができない駐車場もあります。
    神戸ルミナリエの駐車場情報
  • 公式HP神戸ルミナリエ
  • 情報HP 神戸国際観光コンベンション協会
  • 関連ページ神戸ルミナリエイベント情報

スライドショー

2016年ルミナリエ

2016年ルミナリエ

フロントーネ・ガレリアコペルタ

2016年ルミナリエ

2016年ルミナリエ

スパリエーラ

2016年ルミナリエ

2016年ルミナリエ

踊る!KOBE光のファウンテン

プレスリリース

神戸市プレスリリース
神戸市 平成29年度「第23回神戸ルミナリエ」の開催について 2017/5/9

神戸ルミナリエ組織委員会プレスリリース
平成29年度「第23回神戸ルミナリエ」の開催について(pdf) 2017/5/9

神戸ルミナリエ関連ニュース

神戸新聞NEXT 神戸ルミナリエ 17年は12月8日~17日 2017/5/9

今年の神戸ルミナリエの特徴・イベント

テーマ
未定

ガレリアコペルタ
未定

踊る!KOBE光のファウンテン 光と食と泉の回廊
未定

ルミナリエ点灯の瞬間を神戸税関の屋上から見よう!!
未定

神戸ルミナリエ募金キャンペーン
未定

おすすめの見所、撮影スポット

神戸ルミナリエハートフルデー2017の日程

神戸ルミナリエハートフルデーの入場は身体障害者、高齢者、ハンディキャップを持つ人と介護、付き添いの方に限られます。

ハートフルデーは、東遊園地のみでの開催となるため、周辺道路の交通規制は行われません。従いまして、車で来場の場合には、東遊園地の地下にある「三宮駐車場」、三宮中央通りの地下にある「三宮中央通り駐車場」の利用が可能です。

障害者用の車両や送迎のための乗降場所は特に設けられておりませんが、例年、神戸市役所での乗降が可能なようです。会場周辺で障害者の乗降を希望する場合には、神戸ルミナリエ組織委員会へお問い合わせください。

神戸ルミナリエの点灯式

神戸ルミナリエの消灯式

神戸ルミナリエの試験点灯

例年、神戸ルミナリエの試験点灯は、ハートフルデーの前日か前々日の午後9時30分頃から行われます。点灯は午後10時頃からです。

試験点灯の日程は公表されておりませんので、周辺道路の交通規制は行われません。車道は車が通行しますので、観覧の際には十分ご注意ください。

神戸ルミナリエの試験点灯

神戸ルミナリエの概要

神戸ルミナリエは、阪神淡路大震災で亡くなられた方々への鎮魂と、神戸市の復興と再生を不死鳥になぞらえ、1995年から毎年12月に行われている光の祭典です。

初めてルミナリエが開催された当時の神戸市は、大震災の無惨な傷跡が市内の各所に残っており、復興もままならない状況での開催でしたが、神戸ルミナリエの暖かい光は被災地・神戸の街の混沌とした空気の中で神戸っ子たちに勇気と感動と夢と希望の光を見せてくれました。

以来、阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂と大震災の記憶を後世に語り継ぐとともに、神戸のさらなる魅力発信と神戸地域への集客を目的に、神戸の希望を象徴する神戸の冬の風物詩として定着しています。

神戸ルミナリエと阪神・淡路大震災

ルミナリエとは?

ルミナリエの語源はイタリア語で電飾を意味する言葉です。Illuminazione Per Feste(祝祭のためのイルミネーション)

ルミナリエ作品は、ヨーロッパバロック時代(16世紀後半、ルネッサンス末期)に盛んに創られた祭礼、装飾芸術のひとつとして誕生した光の魅力を駆使した建築物を起源としています。

神戸ルミナリエでは、旧居留地の仲町通や東遊園地を独特の幾何学模様で構成されたイルミネーションで飾ります。神戸ルミナリエのデザインは、ルミナリエの本場イタリアの芸術家によってデザインされていて、まさに「光の彫刻」、「光の芸術」です。

1995年の第1回から、2010年の第16回までは、暖かみのある電球が使われてきましたが、東日本大震災が発生した2011年の第17回以降は、省エネと経費削減の観点から、作品の一部にLEDを使用してきました。2015年の第21回では、開催以来はじめて、すべての電球がLEDに変えられました。

神戸ルミナリエの歴史

神戸ルミナリエ募金

神戸ルミナリエは、2005年に開催史上初の赤字を計上し、以来、財政難により開催が危ぶまれるようになりました。

神戸ルミナリエ組織委員会は、兵庫県や神戸市からの補助金が打ち切りとなった2007年から、「1人100円募金」を導入しました。また、2015年からは「クラウドファンディング(WEB募金)」による寄付プロジェクトを実施しています。

神戸ルミナリエの募金の方法は、「口座振込による募金」、「クレジットカードによる募金」、「クラウドファンディングによる募金」、「観光施設などの店頭募金」、「神戸ルミナリエ会場での募金」などにより、協賛金や募金へのご協力をお願いしています。

詳しくは神戸ルミナリエ公式WEBサイトをご覧下さい。
神戸ルミナリエ

神戸ルミナリエ募金2016キャンペーン

地元マスコミ3社とのタイアップにより、1口1000円の募金キャンペーンを実施します。募金に協力すれば、新聞紙面に名前が掲載されます。募集期間は2016年12月22日まで。

神戸ルミナリエグッズと神戸ルミナリエ宝くじの販売

神戸ルミナリエグッズは、開催費用を募る目的で販売されている公式グッズです。売上の一部が神戸ルミナリエの開催資金に充てられています。

神戸ルミナリエグッズの販売場所は、「神戸ルミナリエ会場」、「神戸市内の数カ所」、「通販」で販売されていますが、神戸ルミナリエ会場でしか手に入らない「限定グッズ」もありますので、是非、会場でお買い求め下さい。

神戸ルミナリエ宝くじは、その場で当たりがわかるスクラッチカードになっており、1枚200円で販売されています。

神戸ルミナリエ宝くじは、神戸ルミナリエの会場のほか、近畿宝くじ売り場でも販売されています。収益金の一部は神戸ルミナリエの運営費用に充てられています。

詳しくは神戸ルミナリエ公式WEBサイトをご覧下さい。
神戸ルミナリエ

過去の神戸ルミナリエの壁紙写真

タイトル、または、写真をクリックすると、その年に開催されたルミナリエの壁紙写真ページへ進みます。2010年以降は「フルHD 1920×1080ピクセル」の壁紙を用意しました。
※ルミナリエの写真、画像の利用は、スマホやデスクトップの壁紙など個人での利用に限定します。

過去の神戸ルミナリエのテーマ

  • 2001年 「光の願い(デジデリオ)」
  • 2000年 「光の永遠(インフィニティー)」
  • 1999年 「"Pure"(ピュア)な光の下で」
  • 1998年 「光の星空」
  • 1997年 「大地の星たちに捧げる」
  • 1996年 「讃歌ー輝けるときをもとめて」
  • 1995年 「夢と光」

関連ページ

兵庫県と神戸市の観光情報・イベント情報・観光ガイドのリンク集

当WEBサイトで掲載している観光情報、イベント情報等は、管理人が行きたいと思った情報を掲載しています。兵庫県、神戸市のすべてのイベント情報を網羅しているわけではありません。

イベントの内容、日程、時間等の変更、または、イベントが中止になる場合もありますので、お出かけ前にイベントの詳細について、主催者や開催施設に直接お問い合わせください。

情報の正誤につきましてはご自身で確認、判断して頂けますようお願いいたします。

掲載している観光情報やイベント情報の内容は保証しておりません。掲載の情報を利用したことにより、損害、不利益などが生じましても、賠償等の責等には応じられませんのでご了承ください。